PHILOSOPHY

当たり前のようにずっと一緒だった家族である愛犬。
高齢になり、あとどれくらい一緒にいられるのだろうかと考えるように。

 

少しでも長く健康で病気もせずにいてほしいという気持ちから、まずは食事からケアしてあげたいという想いが大きくなり、シニア犬でも安心して食べられるドッグフードを開発。

 

photo_10

 

幼い頃から一緒にいた雑種のマロンが10歳になった頃、散歩する時間が短くなり、寝ている時間が増え、筋力や体力の低下を感じ始めました。
また、食が細くなると共に、ご飯を選り好みするように。
ドッグフードよりトッピングやおやつなど他の食べ物を欲しがるため、充分な栄養が取れているのか心配に思うことが増えました。
健康で長生きしてほしいと思ったとき、まず食事が重要だと考え、かけがえのない存在である愛犬の体を想ったドッグフードを開発しました。

 

top_3

 

ONEBIOTICSは、オールステージではなく、成犬とシニア犬のための総合栄養食です。
総合栄養食とは、一日の食事で必要な栄養素を充分に含んだドッグフードのことです。
ライフステージにより栄養基準が異なり、オールステージは1歳未満の子犬からシニア犬までを対象としたフードです。
成長段階の子犬にも充分であるように栄養価が高く作られているため、シニア犬にとっては脂質や塩分などが多すぎてしまいます。
毎日の食事としてシニア犬でも安心して食べられるように、1歳以上の成犬とシニア犬を対象とした成犬期基準のもとにONEBIOTICSを作りました。

 

©  ONEBIOTICS All Rights Reserved.
PAGE TOP